☆僕の生きる道☆

頭の中の迷宮

Instead of ... | main | mathematics Command Ability
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
リターンズ
話題の前に、ちょっとこんなことをしてみました。
僕のページに訪れた方々、以下の投票を必ず一人一回でお願いします。
特に僕を知って下さってる方々はコメントで僕にわかる名前かハンドルネームかで存在を知らせてくれるとうれしいです。としくん飛んで喜びます。
ではよろしくです。





質問 僕を知っていますか?


はい(「あたりまえやん、実際に話したことあるで~!」という方はこちら)

はい(「実際に見たことあるで~!」という方はこちら)

はい(mixi上のみという方はこちら)

いいえ(「お前なんかしらんわ、ボケ!」という方はこちら)






コメント







- レンタルサーバー -






結果


過去の投票


FC2ID






ではここからいつもどおりに。

昨日と同じくとりあえず日記。
1限目 有機化学ⅠB→休講
やったぜ~!
2限目の数学科教育法Ⅱに向けてひたすら√2の正確な値を開平方で出していた。
2限目 数学科教育法Ⅱ→出席
先週の続き。現在グループ活動にて研究を行っています。
先生から出された問題は
「2の√2乗を少数第8位まで正確な値を求めなさい。ただし、それに伴うものをすべて説明・証明しなさい。少数第8位まで求めれないときはどこまでの精度ですれば値が出てきそうか、という根拠ある予想とともに答えなさい。」
といったもの。
これが意外と大変なんです。
(以下数学的話がひたすら続きます)
そもそも、この問題を解くには
①指数函数・対数函数の定義が必要です。
ただし、高校レベルでは無理。例えばy=3^xを考えたとしますね。
x=1,2,3,...,nと自然数では誰でもできるんです。高校レベルの定義でいいんです。
ここでx=1/2にしましょう。あるいはx=-2としましょう。
これも高校レベルの定義でいけますね。
んじゃx=√2にしたとき、この定義では無理ですね。
そこで新たに実数乗も満たす指数函数・対数函数の定義が必要なんです。
片方を定義できれば、もう片方はその逆函数ということでひとまずは落ち着くんですが、どっちを選ぶかがポイント。
指数函数y=e^xを定義するのにあたっては項別微分やら微分積分法の応用やらをぐぉぉぉぉと証明するのが必要なので僕たちの班は対数函数の定義からはじめたわけです。多分他の班もここは同じ。
具体的には
logX=(∫dx/x, 1~X)
というもの。
これより指数函数も定義できます。
(実際にはもっと複雑で、例えばlogXの庭がeであることを示す必要があったり、そもそもeとは何なのか、とここでは書ききれないぐらいわけわからんことが続きます。)
この定義によりまずlog2の値を手計算で求めよう。
積分値の正しい値を求めるために区分求積法、更には、台形面積近似を用いる。ここで出てきた値がどの程度の精度なのかをまた評価。台形面積近似だたと積分区間の分割の幅の3乗に比例か反比例か・・・まぁ導かれます。
次に√2の正確な値を求めます。これも精度(誤差)を評価。
そこで√2とlog2の値が出てきたので√2×log2の値が出てきます。(ここでも誤差評価が必要。)
んでもって僕らのすべきことは
2の√2乗を少数第8位まで正確な値を求める
ことなので、つまりは
e^(√2×log2)
を考えればよい。
そこでさらに必要なのが、
e^x=Σ(x^n)/n! (n=0~∞)
という式。そのため、先ほど示した対数函数の逆函数が指数函数になることから、この式をまた証明する必要があるわけです。そこでも剰余項やら何やら考えんとだめ。
これを示した上で上の式のnを例えば上限15までして、x=√2×log2を代入してもうひとつ上限を変えて代入して精度を考えたりして求めるわけです。
んでもって、上の式のままだと足し算をしてしまうために誤差がかなり生じるのでうまく掛け算にかえて誤差を小さくしたり、という工夫も必要になってきます。
自分でも何かいてるかよくわかりませんが、とりあえずむずいです。
近似すら勉強したことない僕にとってはなんとかついていくもやっぱわからんって感じが続きます。
3限目 植物分子遺伝学Ⅱ→出席
途中30分ほど睡眠。授業中に出てくる単語がすべて英語での略称なのでいちいち確認する必要が。仕方ないかな。
4限目 植物系統分類学→休講
5限目教職授業の提出のレポートをメディセンで適当に書いて仕上げる。
5限目 化学実験法Ⅱ
今回のレポートは授業内容をまとめろというもの。
頑張った。先生、授業スピード早すぎやで。パワーポイントのスライドめくりすぎっす。


タイトルはその名の通り戻ってきたもの。
一度去って、しかし諦めていたところに、このタイミングで戻ってきたのだ。
物件と。

そして友達が。

でも。僕はどうすればいいかわからない。
物件はさておき。例の友達だ(過去の日記参照)。
今まですれ違うことは会っても話し掛けられず。
しかしながら、たまたま今日は目と目が合った。
普通に話してしまった。
以前と何も変わってなかった。




僕はどうしたらいいんやろ・・・。
スポンサーサイト
| Positive | 01:45 | コメント:2
コメント
とりあえずは友達として話していられることを喜んでは。細かいことはおいおいわかるやろうし。色付きの文字
2006.10.29 Sun 19:25 | URL | F.
遅れましたm(__)m

とりあえず向こうから話し掛けてきたから関係は切れてないみたい。
でもなんか気まずいなぁ。

って心境っす。
2006.11.05 Sun 20:31 | URL | としくん
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2カウンター

プロフィール

としくん☆

Author:としくん☆
みんな、きてくれてサンキュー!
\(*^_^*)/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。